So-net無料ブログ作成

光田康典コンサート2日目・昼の部に起きた事件について [ライブ]

「いったい何が起きたの?」と良く聞かれるので、7月26日(日)に開催された「光田康典さんコンサート2日目・昼の部」に起きた恥ずかしい事件の顛末と分析を書き留めておきます。。。

 


気づいたら、ヴァイオリンが僕の腕からぶら下がっていたのだ。
ワイヤレスの送信機とケーブルで繋がっていなければ、床に落下していたところだ。

 

弓の毛はいつもと違うところから数本切れ、弦もG線が外れていた。急いで持ち場に帰り、弦を巻こうと思ったら、なんとペグ(弦を巻きつける部品)が無い。急いで来た道を引き返し、ペグを探して拾い、また持ち場に戻り、弦を張ってチューニングを終えた。

しかし、なんか雰囲気がおかしい。弦がいつもと同じところに無いのである。よくよく見ると、駒(ブリッジ)が水平方向に1cmくらいずれている。上から見ると弦は「くの字」に曲がっている。頭の中は「?」マークでいっぱいである。いったい何が起きたのか?

とりあえず、もう一度弦を全部緩め、駒の位置を戻し、弦を張りなおした。こういう時5弦はめんどくさいな、とか思いながら。。。。


状況証拠を積み上げて、何が起きたのかを考えてみた。  
  • BALTOの演奏の時、ワイヤレスであることを良いことにステージ上を動き回った。
  • しかし最後のキメフレーズがうる覚え(笑)であったため、急いでアコーディオンの藤野さんの横に入り、譜面を見させてもらった。
  • そこは人口密度が高く、弓の先で人を刺しそうだった。
  • 曲の最後の「ジャン!」のキメをカッコよく弾きたかったが、人を刺したらマズイので、いつもと違うフォームでカッコつけて弾いた。そしたら、、、
  • 弓の付け根部分のフロッグ(弓箱)が、駒と勢いよく衝突した。
  • その衝撃で駒が水平方向にずれた。
  • 更にその衝撃でG線が緩み、ペグが外れた。
  • 更に更にその衝撃でヴァイオリン本体も飛んで行った。ワイヤレス送信機はベルトに止めてあり、それとケーブルで繋がっていたので、床に落下せずにすんだ。

 おそらくこれが正解であろう。。。


なにしろ人前でヴァイオリンを落とすなんてのは初めてで、よりによってあんな大勢の前でやってしまい、バンドメンバーには「3公演目は慣れが出てきて何か事故が起こりそうだから気を付けようね」なんて言ってたもんだから、その場から火星に瞬間移動したいくらい恥ずかしかった。

でも、恥ずかしかったわりに、こんなブログを書いてしまったり、ちょっとおいしいな、と思っている自分もいるわけです。はい。 

↓お調子者 

 DSC_4019-small.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"THE BRINK OF TIME" 光田康典 & Millennial Fair [ライブ]

もう既に共演者の皆さんが、このコンサートの事について書いてくれていますが、自分なりにも何か残しておきたくて、久々にブログを更新しました。

今から遡ること10年前、2005年6月12日、場所は大崎ゲートシティ。光田さん、吉良さん、河井英里さん、そして私の4人でコンサートを行いました。光田さんの「kiRite」発売直後で、光田さんの楽曲、吉良さんのギター、英里さんの歌、そして、あの場所が持つエネルギーがあいまって、とても印象深いコンサートになりました。

光田さんとは毎年年賀状をやり取りしていましたが、そこには毎年「今度何かやりましょう」「今年こそ何か考えます」等々、一筆添えてくれていました。 多くの場合、それは社交辞令で終わることの方が多いのですが、不思議とそんな感じはしていませんでした。英里さんが早くに他界されてしまったこともあり、残った3人でまた何かやらねばならない、と言う漠然とした想いがあったのかもしれません。

光田さんから20周年記念コンサートの話が来た時は、嬉しいのはもちろんでしたが、これでkiRiteからの想いに一つの区切りをつけられるな、と思ったのでした。 

バンドはゲストを入れて総勢15人。普段は2~3人でライブをやっている私にとっては、もうそれは未知の数字です。「音楽として、まとまらないのでは無いか」、、という心配も脳裏によぎりました。

しかし、そんな心配はリハを重ねるごとに消えて行ったのでした。光田さんはこの大イベントを成功させるに相応しい人選を考えに考え抜いていたのだな、と感服したのです。

全員が、この場で演奏出来ることに喜びを感じ、全員の音に耳を傾け、自分がやるべき事を理解し、期待されていること以上を自分から引き出そうとし、馴れ合いでは無い調和と融合を目指していたのです。 楽器のスキルだけではなく、ヒューマンな部分も考慮に入れた深い人選を光田さんはしていたのだな、と感じました。

1度目の全体リハは、確かに探り探りで、不安は解消されぬまま帰路についたのです。しかし、2度目の全体リハの時、私は都合で数時間遅れてスタジオに入ったのですが、ドアを開けて聞こえてきたサウンドに、「あぁ、もうこれで大丈夫だ」と確信したのでした。

もうそこからは、あっという間に4公演が過ぎてしまいました。こんなに終わるのが寂しいと思ったコンサートは、初めてかもしれません。「風の約束」のヴァイオリンソロは、英里さんに聞こえるよう一所懸命弾きました。

1週間の濃密な時間を過ごしたバンドメンバー、スタッフの皆様、尊い時間を有難うございました。

ご来場の皆様、惜しくもチケットを確保できず心の参加となってしまった皆様にも、改めてお礼を申し上げます。 

DSC_3751-small.JPG 

P.S.

この後は、2日目お昼の部で起きた「事件」について書くつもりです。  


VioraBass(壷井彰久&鳥越啓介)ツアー[京都・名古屋] [ライブ]

viorabass201402-200.jpg
VioraBassのツアーが迫ってきました。
京都→名古屋です。よろしくお願いいたします!

「VioraBass」
壷井彰久(Violin)、鳥越啓介(Contrabass)

★2014/2/9 (sun) at 京都 GOBLIN (075-257-7864)
open 18:00 start 19:00
前売¥2,500 当日¥3,000 (+オーダー)

★2014/2/10 (mon) at 名古屋 Bar style cafe Jamkitchen (052-961-3321)
open 19:00 start 19:30
チャージ¥3,500 (1ドリンク付)

■Youtube動画
http://www.youtube.com/watch?v=TvSM0YwXEFY

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マタハリ!オールスターズ at 晴れたら空に豆まいて [ライブ]

久々、東京でのマタハリ!オールスターズ。良いバンドだ~。はっちゃけ具合とアンサンブルが良いバランスです。
今日は紫のエレアコ(原田ヴァイオリン製)で頑張りました。

写真撮り忘れた。。

セットリスト。

(1st)
いつだっていいかげん
Sailing Stone Super
GAN
龍飛
Squirrelly Dragon

(2nd)
ロジウラのトゥランブラン
Sunshine of your love
Vita
No Mean City
Crawler-A

(en)
Hard Times Come Again No More

Ritaさんライブ@TFMホール [ライブ]

20140126_123000~01.jpg

バンマス。

セットリストはこちら↓
http://ritarita.jugem.jp/?eid=2371
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今さら2013年総括 [ライブ]

2014年1月ももうすぐ終わろうとしていますが、今さらながら昨年(2013年)のライブ活動を振り返ってみます。

ライブ本数は113本だった模様です。少しおさえようと思っていたのですが、結局2012年を上回ってしまいました。
その結果、レコーディングなどが後手に回ることに・・・。反省。

ライブの内訳を見てみると、

・オオフジツボ:26
・Era:13
・Trinite:12
・みとせのりこ関係:11
・KBB:7
・向谷実さん関係:5
・ムスィーカ・バドル:4
・VioraBass:4
・Fortis:4
以下省略

という感じになっています。やはりツアーがあったバンドは必然的に回数も多くなりますね。

2013年はツアーも多かった年でした。名古屋は6回も行かせてもらったし、青森(八戸)にも初めて行きました。
北海道はオオフジツボとTriniteで行けましたね。今年もアチコチ行けると良いな~。

向谷さん関係では、東急の渋谷駅ホームで演奏させてもらったり、動く相鉄線の中(!)でも演奏したり、色んな貴重な体験をさせて頂きました。

主なリリースものでは、KBB の 5th アルバム(お待たせしました・・・)と、オオフジツボとリタの「夕暮れの声」ですね。今年はあんなのとか、こんなのとか出したいぞ。。。

という事で、皆様大変お世話になりました。今年もがんばります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Triniteツアー(名古屋・京都・神戸・大阪・石川) [ライブ]

prayer-200.jpg
7/11から Trinite の西日本ツアーが、1st アルバム「Prayer」を引っさげて始まります。
よろしくお願いいたします。

■Trinite メンバー
shezoo(pf)、壷井彰久(vln)、小森慶子(cl)、岡部洋一(per)

★2013/7/11(thu) at 名古屋5/R HALL 
 open 18:30 start 19:00 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500

★2013/7/12(fri) at 京都ゲーテインスティテュート 
 open 18:30 start 19:00 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500

★2013/7/13(sat) at 神戸木村館(個人宅) 
 open 17:30 start 18:00 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500

★2013/7/14(sun) at 大阪ギャラリー菊 
 open 15:30 start 16:00 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500

★2013/7/15(mon祝) at 石川 西田幾多郎記念哲学館
 open 13:30 start 14:00 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500

※予約方法など詳細は、Web (http://trinite.me/)をご覧ください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

伊藤志宏+壷井彰久@大塚グレコ [ライブ]

いや~、楽しかった。
本番3時間前に初顔合わせで、すぐリハ開始。
多めに渡しておいた曲を全部やりたいと言ってくれた伊藤さんありがとう。
Gadget や Larks in the air とか難曲をやってくれて本当にありがとう。素晴らしかったです。
伊藤さんの曲も素晴らしく良い曲だった。

先日デュオでやったヴァイオリン高橋誠さんも乱入ありがとう。

そしてなにより満員のお客様、どうも有難うございました。

セットリスト、書きたいけど志宏さんの譜面を返してしまったので、正確な曲名がわからない。。(汗)

次回も必ずあるでしょう。

※追記
伊藤さんがセットリストを送ってくれたので追記です~。

1. First Greeting
2. Left Window
3. 残月、西に渡る
4. 水車
5. ペンギンは飛べない

6. Larks in the air
7. セラフィータの彷徨
8. Gadget
9. 神無月
10. Under the Red Ground

en. TONO

本日のライブ(オオフジツボ@西荻窪音や金時)やります。 [ライブ]

本日のオオフジツボライブ。いつものように開催します。

★2011/3/13 (sun) at 西荻窪 音や金時 (03-5382-2020)
「オオフジツボ」
太田 光宏(ギター)、藤野由佳(アコーディオン)、壷井彰久(ヴァイオリン)
open 18:30 start 19:30 ライブチャージ:¥2,600+オーダー

予約の必要はありませんので、フラリとお越しください。

本日のライブ中止について [ライブ]

本日開催予定の「吉見+壷井+村中」@大塚グレコですが、地震のため中止となりました。
誠に申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。